神奈川県で富裕層が多く治安がいい駅ランキングベスト15

神奈川県で富裕層が多く治安がいい駅ランキングベスト15

神奈川県で治安が良い・富裕層が多い駅街ランキング画像

神奈川県で治安が良い・富裕層が多い駅街ベスト15

神奈川県は、北東部は東京の世田谷区や大田区の高級住宅街に玉川を挟んで接し、南部は相模湾に面したリゾート地・観光地が多いなど、県内にけっこう地価の高い地域が多いです。

そんな中、富裕層が多く住み、治安も良好な駅も多く、ある程度経済的に余裕のある方にとって、魅力的な街(駅を中心とした街・住宅地)はたくさんあります。

そこで以下では、そんな神奈川県内の富裕層が多く、治安がいい駅・町ベスト15について紹介しましょう。



神奈川県で治安が良い・富裕層が多い駅街ランキング

1位 たまプラーザ駅・あざみの駅

東急田園都市線のたまプラーザ駅は、神奈川県内で最も富裕層が住む横浜市青葉区の中心駅。田園都市線は乗り換えなしで渋谷まで行けるので、都内通勤者にとって最適のベッドタウンとなっています。
区内全域に住宅地が広がっており、都内である程度社会的な地位・収入を得た人が、青葉区の住宅街で一戸建てを手に入れる・・・というのは、東京で成功した人の人生の典型例の一つです。駅周辺は東急百貨店、イトーヨーカドーなど大型商店が集まり、通勤帰りに買い物に寄るのにぴったり。

治安も良好なので、都内で通勤する女性が一人暮らしをするという場合にもお勧め。
駅前からは羽田空港、ディズニーランドへの直通バスがあるので、その点も便利です。
先日、厚労省が平成27年の国勢調査に基づいて全国市区町村における平均寿命を発表しましたが、横浜市青葉区は男性の平均寿命が83.3歳で堂々の全国一位。老後も幸せに暮らせる街だと言えるでしょう。

2位 センター北駅・センター南駅

グリーンライン・ブルーラインの駅であるセンター北・センター南は、新興住宅地として再開発が進み、富裕層の方が多く移り住み始めている都筑区の中心駅です。
両駅は隣り合って、ひと続きの街を形成。近年はハイタワーマンションが立ち並び、都内や横浜市街地に通勤するエリート・サラリーマンが家庭を持つ場所として注目を集めています。
駅周辺には都筑阪急、ノースポートモール、港北みなもなどの大型商店が立ち並び、駅直結で行ける「ショッピングタウンあいたい」には、英会話やダンススクールなど習い事を学べる場所が数多くあります。

治安悪化の原因となるような飲み屋街などもなく、計画的な街づくりの下、近未来都市のような雰囲気があるのが特徴。子育てするのにぴったりで、「住みたい街」としても近年急上昇中です。

3位 新百合丘駅

新百合ヶ丘は川崎市麻生区にあり、都心部まで小田急小田原線で乗り換えなしで行けることから、都内通勤・通学者のベッドタウンとして発展してきた地域。

駅周辺の再開発が進められると、南に隣接する横浜市青葉区と共に、新興住宅地として注目を集めるようになりました。駅周辺には新百合ヶ丘エルミロード、イオン新百合ヶ丘店、新百合ヶ丘オーバなどの商業施設が立ち並んでいますが、再開発の際にきちんと区画整理されたので、がさつな雰囲気はなく治安も良好。
また駅のすぐ近くに日本映画大学、昭和音楽大学などの教育施設の他、区役所や図書館なども集まっており、落ち着いた上品な雰囲気が漂う街となっています。
こちらもある程度所得のある若いファミリー層が居を構えることが多く、子育ての場所として人気のある街です。

4位 鎌倉駅

鎌倉市は源頼朝が幕府を開いたことでも有名な、歴史のある街。市内は神奈川県内屈指の観光地となっていますが、鶴岡八幡宮などの観光スポットから一歩離れると、大きな邸宅が軒を連ねる高級住宅地が広がっています。
明治になって横須賀線が開通して以来、鎌倉は東京在住の富裕層の別荘地として栄えてきた歴史があり、その名残りもあって、現在でも東京で財を成した人が市内に大きな屋敷を構える、ということがよく行われているようです。

駅から観光スポットにかけてはやや治安面で不安なところもありますが、住宅地まで行くと治安は良好。

古い街だけあって、大型商店・ショッピングセンターなどは駅周辺にありませんが、中小のスーパーは多く、また観光地だけあって外食店も豊富。住みごたえのある街だと言えるでしょう。

5位 逗子駅

逗子駅は横須賀線で鎌倉駅の次の駅。逗子市は、鎌倉市に次いで住民の平均所得の多い街で、実際、横須賀線の鎌倉駅~逗子駅の間にある市内の住宅地には、大きな邸宅の多い高級住宅地が広がっています。
何より海が近いのが魅力で、夏になると海岸線で海水浴を楽しむこともでき、海好きにはたまらない街だと言えるでしょう。
便利さを追求する街というよりは、潮風にあたりながら、ゆっくりとした時間を過ごしたい人にお勧めの街。
「変化」、「刺激」を求めたい人にはやや物足りなさはあるかもしれませんが、とにかくのんびりと生活したいという人にはお勧め。
先に挙げた鎌倉もそうですが、逗子市のような相模湾沿岸までくると、都内に通勤するサラリーマンだと居を構えるのにはやや大変な地。
老後に引っ越して余生を楽しむという人も多いようです。



6位 鷺沼(さぎぬま)駅

鷺沼は川崎市宮前区にある駅で、たまプラーザ駅の一つとなりの駅。
こちらも東急田園都市線で乗り換えなしで渋谷までアクセスできるのが特徴。駅周辺はやや閑散とした印象も受けますが、駅前にあるフレルさぎ沼の向こう側にある大通りまで行くと、街路樹が立ち並ぶきれいな街並みが広がっています。

大通りから脇道に入って少し進むと、大きな邸宅が立ち並ぶ住宅地。駅から住宅地までの距離が近いので、サラリーマン層にとっては便利な駅です。
駅周辺には大きな繁華街・飲み屋街がなく、会社帰りのお父さんにはやや物足りない部分もあるかもしれません。
しかしその分、治安は良好。女性、子どもが安心して暮らせる街になっています。

7位 山手駅

山手駅は横浜市中区の南部に位置する根岸線の駅。横浜市中区には二つの顔があり、区の北部一帯にある中華街や横浜スタジアムなど繁華街・観光地としての顔と、南部にある横浜市内屈指の高級住宅地としての顔です。
街の賑やかさや観光スポットという点で言えば、中区だとやはり関内駅や桜木町駅でしょうが、「富裕層が住み治安が良い街」ということであれば、山の手駅一帯が当てはまるでしょう。

街というほど大きな商業スポットは形成されていませんが、駅の近くには富裕層の子弟が通うことの多い「横浜国立大学教育学部付属横浜小学校」があり、大きな邸宅も多数立ち並ぶ地域となっています。
根岸線を使えばすぐに区の北部にある歓楽街にいけるので、何かと便利。
また南部の住宅地は区の北部と違い治安も良好。ファミリー層が落ちついて居を構える雰囲気があります。

8位 武蔵小杉駅

川崎市宮前区にある南武線と東急東横線が交差する武蔵小杉は、現在最もホットな街の一つ。各不動産情報サイトが行っている「住みたい街ランキング」でも常時上位にランクインする街でもあります。
東京の高級住宅街である田園調布からも近く、特に駅周辺や駅の東部を流れる玉川河川敷にタワーマンションが立ち並ぶようになってからは、ハイソなイメージを強く持つようになりました。
同じ富裕層でも、一戸建てを構える街というよりは、高級マンションに居を構える人たちが多い、というイメージです。

駅周辺には東急スクエア、ららテラス武蔵小杉、foodium武蔵小杉など大型商業施設が立ち並び、買い物場所には事欠かないでしょう。
駅周辺には大衆居酒屋も多いですが、治安は悪くありません。

9位 立場駅

立場駅は横浜市泉区にある市内を走るブルーラインの駅。駅自体は小さいですが、駅周辺にはイトーヨーカドー、ヨークマートなどの商業施設が立ち並び、泉区内でもかなり栄えている地域。
駅周辺には買い物スポットや団地など多いですが、駅から一歩離れると閑静な住宅街が広がり、一戸建ての邸宅が軒を連ねています。
大人が遊ぶようなところはないですが、緑が多く公園も豊富。

治安も良いので、子育て世代には楽園ともいえる場所。田畑が多く、日本らしい昔ながらの光景が広がっているのも特徴と言えます。

10位 日吉駅

日吉駅は東急東横線と横浜市内を走るグリーンラインとが交わる駅で、駅周辺には慶應義塾大学日吉キャンパス、慶應義塾高校、慶應義塾普通部など慶應系の校舎が立ち並んでいるのが特徴。
駅の西部は東京の田園調布を思わせるような扇状の街の広がりがあり、大きな邸宅が鎮座する高級住宅街となっています。

慶應の学生が住み、行き来する街なので、文教の街という雰囲気が強く、治安はいたって良好。
学生街らしく外食店は多いですが、大型の商業施設などはありません。
ただ駅ビルのルピシア日吉、東急アベニュー、グリーンガーデンなどを上手く利用すれば買い物場所は確保できそうです。

11位 新川崎駅

横須賀線の新川崎駅は、すぐ東隣にある南武線の鹿島田駅と街がつながっている形となっており(路線ではつながっていません)、川崎市幸区の中心地となっています。
川崎駅周辺は大都市で、住宅街というよりは繁華街・歓楽街の雰囲気が強く治安も良くないのですが、新川崎までくるとかなり落ち着いた雰囲気となり、のんびりと生活できる地域となります。

駅周辺にはマンション、住宅が立ち並び、鹿島田駅から多摩川に掛けての地域も一戸建ての多い閑静な住宅地です。
駅周辺には新川崎スクエア、パークタワー新川崎、ルリエ新川崎などの複合商業施設が立ち、周辺住民の買い物スポットとなっています。

12位 本郷台駅

根岸線本郷台駅は横浜市栄区の中心駅。駅の北側はマンション、住宅街が広がり、南側は商業施設が並んでいる地域です。
都心や横浜市街地からは離れていますが、根岸線で一駅行けば都内直行の東海道本線が通る大船駅があるので、意外と通勤に便利な街。
北部の新興住宅地は碁盤目のように整理された住宅地で、この地域にある友人宅を訪れるといった場合、慣れないと迷ってしまうかもしれません。
ただ都会の雑踏から離れているので、治安もよく、安心・安全に日々過ごせるのは間違いないでしょう。



13位 上大岡駅

横浜市港南区の北東部にある上大岡駅は京急本線とブルーラインが通り、都心部にも横浜市街地にも行きやすい街。
駅周辺には商業施設が非常に充実しており、京急百貨店をはじめ、富士ショッピングセンター、カミオ、オーケーストア上大岡、miokaなどが複数の施設が立地。買い物場所・外食場所には困らないでしょう。飲食店を始め娯楽施設も多く、ゲームセンターやボーリング場などもあり、若者も楽しめる街と言えます。

ただ駅から少し離れると東西に高級住宅街が広がり、道がやや複雑になっている個所もありますが、住み心地は悪くありません。

14位 二宮駅

二宮町は神奈川県の南部、中郡に属し、中心駅・街となっているのが東海道線の二宮駅です。
相模湾に面し、風光明媚な街として知られていて、海岸線に近い駅から北部にかけて、広大な住宅地が広がっています。
買い物・飲食スポットが少ないのが難点ではありますが、静かで自然が豊富で治安も良好。
子どもを伸び伸びと育てられる場所であるのは間違いないです。
都会のなかで揉まれた人は、二宮町に訪れてそののんびりとした雰囲気に惹かれ、「結婚したら二宮町に住みたい!」と考える若い人も多いと言います。

15位 大磯駅

大磯駅は二宮町の東隣りの駅で、こちらも東海道線沿いの駅。
ただ歴史は古く、明治期には政治家や文豪の避暑地、避寒地として栄え、明治末期には150戸以上もの別荘があったそうです。
現在も資料館のようになっているので、見て歩いてみるのも良さそうです。
そうした歴史もあって駅周辺や海沿いの地域の地価は高めで、自然と富裕層が集まる地域となっています。
ただ内陸地に行くと比較的安くなるので、一戸建て・邸宅を立てやすくなるようです。大型商業施設や歓楽街はないですが、治安は良好で中小のスーパーも多く、生活に困ることはありません

あざみ野、たまプラーザ駅が人気

神奈川県は東京に接する千葉、埼玉、山梨といった地域に比べて、比較的富裕層が住む街が多いです。

基本的に富裕層の多くが横浜市内に居を構えているようですが、鎌倉など相模湾に面する街にも高級住宅地が広がり、「都心に近い」ということとは別の魅力で、富裕層を惹き付けていると言えます。



【あわせて読みたい】色々な駅の治安住みやすさ情報