大阪府で富裕層が多く治安がいい駅ランキングベスト15

大阪府で富裕層が多く治安がいい駅ランキングベスト15

大阪府で治安が良い・富裕層が多い駅街ランキング画像

大阪府で治安が良い・富裕層が多い駅街ベスト15

大阪府は人口約883万人(2017年時点)で、東京都、神奈川県に次ぐ日本で三番目に人口の多い都道府県になります。西日本を代表する大都市圏を持ち、東の東京と並び称される大都会なわけです。

そんな大都市・大阪にはやはり東京などと同じく、富裕層が集中する地域があります。
高級住宅が立ち並ぶ地域は、地価や物価が高めですが、落ち着いて暮らせるというのが大きな魅力。ただし、富裕層が住んでいても治安が悪い場所だったら、落ち着いて暮らせる地域とも言えないでしょう。

以下では、大阪府で富裕層が多く住み、かつ治安も悪くない駅・街のベスト15をランキング形式で紹介します。

大阪府で治安が良い・富裕層が多い駅街ランキング

1位 箕面(みのお)駅

箕面市は、東洋経済新報社の『都市データパック2017年版』の「住みよさランキング」では6年連続で大阪府内において一位。そんな箕面市の移動の中心となっているのが阪急箕面線の箕面駅です。
ただ駅周辺は繁華街になっているわけではなく、駅を降りてすぐに住宅街が広がっています。
ただ大阪市の喧騒な雰囲気を離れ、静かな環境で一戸建てを構えて悠々と暮らす富裕層が多く、地方から上京して頑張った人が、箕面市で家を持つ・・・というのは大阪ではまさに成功者が歩む人生と言えるでしょう。
大きな繁華街がない分、治安も良好で、その点子育てもしやすく、ファミリー層にとっても住みやすい街となっています。

2位 吹田駅

吹田市も箕面市と同じく、高級住宅が立ち並ぶ市として有名。
JR吹田駅はそんな吹田市の中心街で、他にも阪急知里線沿線の各駅(阪急の吹田駅、豊津駅、関大前駅、千里山駅なども、ホワイトカラー層が一戸建てを構える高級住宅街が広がっています。
JR吹田駅は駅の北側にはアサヒグループエンジニアリングの大きな工場があり、南側に商店、住宅街が展開。商業施設としては駅近にあるイオン吹田店があり、会社帰りに寄れるのはもちろん、吹田市内全域が商圏となっています。駅の目の前に図書館あるなど、比較的落ち着いた雰囲気があるのも魅力で、治安も良好です。

3位 豊中駅

豊中市も北摂に位置する富裕層が多く住む地域。市内には緑が多くて子育て環境に恵まれており、さらに中心街・梅田駅まで15分以内で行けるという利便性から、市内で働くサラリーマンにとっての格好のベッドタウンです。
ただ高級住宅街としての箔が付いていることから地価も高めで、それなりの収入を持つ人が集中して住んでいる地域となっています。
阪急宝塚線の豊中駅は、豊中市の中心駅としての役割を果たし、駅周辺には「ダイエー豊中駅前店」、「エトレ豊中」といった商業施設も多く、通勤・通学帰りに立ち寄れる買い物スポットが豊富です。治安面も悪い評判はなく、小さな子どもを持つ家庭でも安心して生活できるでしょう。

4位 池田駅

池田市は箕面市の西に位置し、阪急宝塚線箕面駅は大阪市街地まで直結まで行けるので、こちらもサラリーマン層にとっては便利な駅・街と言えます。
駅の近くには阪急オアシス、ダイエーがあり、商店街もあって買い物には困りません。
駅の近くに池田駅前公園がありますが、それ以外にはやや緑が少ないという印象があるのも実情。ただ治安は決して悪くなく、北摂地域の一角をなす場所として、駅から一方離れると一戸建ての高級住宅街が広がっています。

5位 金剛駅

金剛駅は大阪狭山市に属する南海高野線の駅ですが、東隣の富田林市との境に位置する駅でもあるので、両市民にとって日々利用されている駅です。
金剛駅の大阪狭山市側・西側には狭山神社があり、それが「大阪狭山市」という名前の由来となっています。駅の近くにはイオン金剛店などがありますが、繁華街などは形成されていません。
駅から少し離れた西山台のあたりが、新興住宅地として多くの人が一戸建てを構える地域となっています。ただその分駅周辺は治安も良好で、女性や子どもも利用しやすいです。

6位 大阪阿倍野橋駅

阿倍野橋駅は、今や大阪を代表する観光スポットともなったあべのハルカスに直通している駅。
駅周辺は都市部になっていますが、少し離れると高級マンションが立ち並び、商業施設・文化施設が集中する地域で悠々と快適な都市ライフを過ごしています。さすがに緑に囲まれた生活・・・というわけにはいきませんが、大阪の中心をなす一角として買い物スポットが豊富で、生活上の利便性は高いです。
収入だけでみれば、富裕層が住む街としてもっと上位に位置してもよいのですが、都市部だけにやや治安面で不安があるので、この順位となりました。

7位 茨木(いばらき)駅

JR茨木駅は大阪の中心部からは少し離れていますが、東海道線で大阪市まで直通で行けるので、さほど不便さは感じません。
茨木駅の東には阪急京都線の茨木市駅があり、両駅を中心に市街地、住宅街が形成されているという形になります。茨木駅周辺はやや郊外都市という雰囲気もありますが、駅東側周辺はカラオケ・ダーツなどを楽しめる娯楽施設や飲食店や衣料品店が立ち並ぶ阪急東中央商店街などもあり、生活上の利便性は高いです。

8位 あびこ駅

地下鉄御堂筋線あびこ駅は、大阪市住吉区にある駅で同区の中心をなす駅。
駅周辺は飲食店・居酒屋も多く、夜になるとやや喧騒な雰囲気も出てきますが、大阪市内の他の地域に比べると、治安面ではかなり評判は良好です。区内は碁盤目状に整理されており、高級マンションなど富裕層向けの住まいを散見することができます。都市部なので、悠々と一戸建てを構えるということは少ないですが、各種調査でも住吉区民の平均収入は高く、お金持ちが多く住んでいる地域なのです。ただ北摂地域に比べると、大阪市内だけあってやや治安では不安が残ります。

9位 交野(かたの)駅

京阪交野線の交野駅は、枚方駅から交野市のために京阪線が分岐しているのですが、その中の中心駅の1つ。
交野市は大阪と京都の中間に位置し、南部は山が広がっています。京都、大阪の両市街地から離れていますが、その分、新興住宅地として都市部で成功したファミリー層が一家を構える場所として人気が高まりつつあるのです。交野駅周辺は大きな商業施設はなく、駅から一歩離れるとすぐに住宅街が広がるという形になっています。静かな街だけに治安も良好で、子育てをしたいファミリー層にも魅力のある街と言えるでしょう。

10位 高槻駅

JR高槻駅は、大阪と京都の間に位置する大きな街で、駅周辺には西部高槻店、松坂屋高槻店、アル・プラザ高槻など大型商業施設が軒を連ね、買い物場所には事欠きません。
それでいて、大阪と京都の中心部から離れているためか、比較的街として落ち着いた雰囲気があり、治安面に対する評価も高い街となっています。
駅の商業施設が集まる地域から少し離れると住宅街が広がり、夜になると街灯が少ないと感じられるほど静かな街へと変わるのです。大阪、京都の中心部に勤務するサラリーマンにはやや通勤が大変ですが、住みやすい街という点では申し分ないと言えそうです。

11位 北野田駅

南海高野線の北野田駅は、堺市東区に位置する駅。堺市東区は堺市の中でも富裕層が多く住む地域として知られ、住みたい街としての評価も高い地域です。
駅周辺は再開発が進み、駅の東側にはライフ北野田店、西側にはダイエー、商業施設と文化施設が入り混じった大型複合施設などあり、生活のしやすさという点では申し分ありません。
登美ヶ丘公園をはじめ公園も多く、駅から少し離れるとは田畑もたくさん見られることから、郊外都市という性格も持ち合わせた街と言えるでしょう。

12位 島本駅

島本駅は高槻駅の北東に位置する駅で、島本町の中心駅。大阪市よりも京都市の方が近く、京都の方が馴染みは深いという町民も多いかもしれません。
駅周辺には大型商業施設などはなく、町全体がベッドタウンになっているという印象です。島本駅の南東にある水無瀬駅(阪急京都線)も同町民の重要な足としての役割を果たし、両駅周辺には新興住宅地が広がっています。
古い街ではないですが、都市部である程度成功した人がこの地で一戸建てを構えるというケースは多いようです。

13位 枚方市駅

枚方市は高槻市と並んで古くから大阪市街地で働く人のベッドタウンとして栄えた街。駅周辺には商業施設と並んで多くのマンションが立ち並び、もう一歩離れると住宅街が広がり、駅から南方方面にかけて多くの一戸建てが立っています。駅周辺にはイオン、京急百貨店、セリア、ラッキーなど多くの商業施設が集中。
豊富な買い物スポットのおかげで済みやすい街となっています。高所得者が多い街ではありますが、ただ治安面でやや不安があるとの指摘もあり、駅から自宅までの移動の際、特に夜は少し用心する必要がありそうです。

14位 富田林駅

近鉄長野線富田林駅は、駅自体は小さな駅ですが、富田林市は西隣の大阪狭山市と並んで、大阪南部地域では比較的お金持ちが多い地域。
駅の東部、南部に広大な住宅地が広がり、大きな商業施設などはないので買い物にはやや不便ではあるものの、静かに生活できるのは間違いなく、治安も良好で子育てする街としては最適な街です。

15位 高石駅

和歌山と大阪を結ぶ南海本線の駅である高石駅は高石市の中心街。高石市自体が小さな市なので、駅周辺の街もコンパクトにまとまっているという印象です。
商業施設としては駅前にアプラたかいし(文化施設も多く併設)があり、南海本線沿いにある関西スーパー高石やライフ高石などがあります。大阪の中心部まで乗り換えなしで行けるので、大阪市内で働く人にとってのベッドタウンとしての役割も大きいです。

中心部はタワマンがあるが治安が悪い

大阪はやはり大阪中心部のタワーマンションなどに富裕層が多いですが、ただ栄えている場所はやはり治安が悪いというのが通例で、両方とも両立している街となると限られてくる部分もあります。

そんな中北摂をはじめ大阪府の北部地域は、富裕層が多く住み、かつ治安が良いという街・駅が多く集まっていると言えるでしょう。
郊外地域らしい落ち着いた雰囲気もあり、ファミリー層に人気の土地となっているようですね。

【あわせて読みたい】色々な駅の治安住みやすさ情報