東京都で治安が良い・富裕層が多い駅街ランキングベスト15

東京都で治安が良い・富裕層が多い駅街ランキングベスト15

東京都で治安が良い・富裕層が多い駅街ランキング画像

東京都で治安が良い・富裕層が多い駅街ベスト15

お金持ちが多く住む街は、犯罪発生率が低いもの。ある程度経済的に余裕のある方が住み替え・引っ越しを考える場合、安心、安全に生活するためにも、出来ればそのような街で新たな生活を始めたいところです。

以下では都内で富裕層が多く治安が良い街ベスト15を厳選して紹介。これから都内で住み替えを考える人、あるいは地方から上京するという人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

1位から15位までをランク付けしていますが、それぞれの街・駅ともに一長一短あり、独特の魅力を持っています。15位まで一通り目を通し、自分に合った街はどこか、じっくりと考えてみることをおススメします。



東京都で治安が良い・富裕層が多い駅街ランキング

1位 成城

成城は世田谷区の西部に位置し、街の中心部は小田急小田原線の成城学園前駅。
日本でも指折りの高級住宅地として知られ、駅から一歩離れると、大きな邸宅が軒を連ねています。
若者がたむろするような雰囲気は町中にはなく、女性、高齢者も安心して街歩きできますね。ただ意外かもしれませんが、都心部からそれなりに離れているということもあり、家賃相場自体はイメージほど高額ではありません。
駅構内には商業施設の成城コルティがあり、駅周辺にも派手さはないものの、堅実かつ質の高い商品を提供するお店がたくさんあります。富裕層が落ち着いて生活する場所という雰囲気があり、都会的な雑然とした感じは全くありません。
若い世代にとっては物足りなさを感じるかもしれませんが、治安はいたって良好で、高齢者やファミリー層が腰を据えて生活する場所としては最適。

2位 田園調布

田園調布は大田区の北西に位置し、東急東横線の田園調布駅を中心とした街です。高度成長期以降高級住宅地として知られ、現在も巨大な邸宅がたくさん見受けられます。
駅から伸びる道路には街路樹が並び、独特の景観を構成。大きなお店、コンビニは少ないですが、緑が豊富で子育てする場所には適しており、ファミリー層に根強い人気のある街です。犯罪件数も非常に少なく、その点でも安心して生活できる環境が整っていると言えます。一方で田園調布は最近空き家が増え、ゴーストタウン化しているとまことしやかにささやかれてもいます。
なんでも、巨大な邸宅を持つ人が高齢化により亡くなった場合、その後邸宅の買い手がつかず空き家になってしまうことが多いそうです。また田園調布は景観保護のため低層の住宅しか建てられないことが条例で定められていて、高層マンションなどが建てられません。
集合住宅の数が少ない分、一人暮らしには向いてない街とも言われていますね。しかし現在でも富裕層が多く住み、田園調布に住むことが一種のステータスになるのは確かなこと。多くの人から憧れをもって見られる街であることには変わりありません。

3位 松濤(しょうとう)

松濤(しょうとう)画像

松濤は渋谷区の南西に位置する高級住宅街。渋谷駅から程近く、治安面で不安がありそうにも思えますが、松濤近辺は昼夜ともにまるで別世界のように静まり返り、閑静な住宅街となっています。
街の中心にある区立松濤中学校、その南の区立鍋島松濤公園が、この地域の住宅地としての雰囲気を高めていますね。
駅から近いという利便性から、買い物場所に困ることはありません。また街の区画がきちんと碁盤目状に整備されているので、車の運転もしやすいと言えます。渋谷と言うと、若者が集うチャラチャラした街というイメージが強いですが、松濤の街はそうした渋谷のイメージとは全く異なる、「高級住宅街としての渋谷」という一面を体現しています。

4位 白金・白金台

白金台画像

港区の白金から白金台にかけての地域は、大きな邸宅、タワーマンションが立ち並び、富裕層が多く居を構える地域。白金エリアに在住で、同地域にてランチやショッピングを楽しむ奥様方は「シロガネーゼ」と呼ばれ、「女の勝ち組」の典型例としてマスコミでもよく取り上げられていますね。
都営三田線・営団地下鉄南北線の白金高輪駅と白金台駅周辺が街の中心部で、駅近辺には白日用品を買える場所も豊富。治安も非常によく、近隣の品川駅周辺などに比べると、犯罪発生率ははるかに低いです。ただ全般的に物価が高く、且つ地価も高いので、不動産会社等が行う「住みたい街」としての評価は、実はそれほど高くはありません。
もっとも、そうした場合にアンケート対象となるのは、若者や一般的なファミリー層が中心。経済的に余裕のある富裕層であれば、日用品の物価等はそれほど気にならないかもしれませんね。

5位 吉祥寺

井の頭線は、沿線に富裕層が多く住む路線として知られていますが、中でも吉祥寺駅周辺は古くから文化人、資産家が居を構え、大きな邸宅が数多く立地している街。
吉祥寺は不動産会社等が行う「住みたい街ランキング」でも常に上位を占め、今や全国的に「東京で住みたい街」としての知名度が高くなっています。
もともと高級住宅地だったことに加え、さらに「住みたい街」としての知名度が加わり、地価はさらに上昇。住みたい街ではあるものの、「実際には住みにくい街」としての一面があるのも事実。実態としての吉祥寺は、一流企業に勤めるサラリーマン層や資産家、文化人など、富裕層がメインに居を構える街となっています。

6位 青葉台

青葉台画像

目黒区青葉台は、東急東横線の代官山駅、中目黒駅を最寄り駅とする街。
代官山と中目黒の商業施設が集まる地域から一歩距離をとった場所に位置する場所で、マンション、戸建てが並ぶ高級住宅地となっています。閑静な地域でありながら、渋谷、代官山、目黒といったお洒落な街に近いのが最大の魅力。全国的に知られた町名ではありませんが、不動産関係者であれば、「都内の高級住宅地」を問われると必ず青葉台の名前を挙げるでしょう。街の真ん中には菅刈公園、西郷山公園が並んでいて、周辺住民・子供達の憩いの場になっています。
住宅地がメインなので治安も良く、ガラの悪い人の目撃情報もほとんどありません。
お洒落な場所・繁華街でショッピングや交遊を楽しむ一方で、住まいは落ち着いた静かな場所にしたい……という人には、青葉台はまさに理想の場所だと言えます。

7位 元麻布

「麻布」もセレブが多く住んでいる街として有名ですが、特に大きな邸宅が立ち並ぶ閑静な地域が、都営大江戸線、営団地下鉄南北線の麻布十番駅の西に位置する「元麻布」の街。
オーストラリア大使館をはじめ各国の大使館が軒を連ね、お寺や学校も多く立地する地域。それだけに街の雰囲気は港区の一等地とは思えないほど静かで、落ち着いた感じがあります。
には買い物できる場所がたくさんあり、特に「麻布十番商店街」はマスコミでも頻繁に取り上げられる有名商店街。大型商業施設は無いですが、クオリティの高い個人商店、ミニスーパーがたくさんあるのが魅力。元麻布は人通りの多い麻布十番駅から一歩離れた場所なので治安も非常に良好。高齢者、子供も安心して生活できます。



8位 本駒込

本駒込は文京区にある街で、営団南北線の本駒込駅、都営三田線の千石駅が最寄り駅。文京区は23区内で最も治安が良好な区で、区民の平均収入も23区内でトップクラス。そんな文京区にあって、一戸建て住宅、集合住宅がたくさん立地しているのが本駒込です。小さなスーパーが随所に点在し、日用品を買う場所はそれなりに豊富。
フィットネスクラブ、スーパーなどが入った複合施設「文京グリーンコート」も、周辺住民の生活を支える施設として機能しています。坂道がけっこう多く、住居の立地場所によっては日々坂道を登ったり下りたりしないといけなくなるので、物件選びの際はその点も注目すべき。
こちらも全国的に知られた街というわけではありませんが、都内では知る人ぞ知る富裕層の住む地域です。

9位 自由が丘

東急東横線と東急大井町線が交差する自由が丘駅が中心駅。主に駅の北側に商業施設が集中しています。
目黒区自体、独身女性が多く住む区として知られていますが、中でも自由が丘はスイーツショップ、カフェ、オシャレな雑貨店、衣料品店など各所に点在。女性が楽しく生活できる要素が満載の街だと言えるでしょう。
人気の街ゆえに地価が高めですが、そんな中でも駅から一歩離れると戸建て、タワーマンションも多く、自由が丘周辺は目黒区内でも有数の高級住宅街となっています。なので、同じ独身女性でも収入がそれなりにある大卒女子、キャリアウーマン向けの街だと言えるでしょう。犯罪発生率が低く治安も良好で、その点も女性に好まれる理由です。

10位 等々力(とどろき)

世田谷区等々力は東急大井町線の尾山台駅、等々力駅を最寄り駅とする街。
街の中心を目黒通りが通り、電車、車どちらでも都心部へのアクセスが良好。しかし等々力の最大の魅力は、何といっても緑の多さ。東京都は思えないほど街のあちこちに木々が生い茂り、その最たるものが「等々力渓谷」。一歩足を踏み入れれば、東京にいることを忘れてしまうでしょう。
富裕層が多く住む高級住宅街は都内にたくさんありますが、これだけ自然に触れる機会のある街は等々力をおいて他にはありません。商業施設が少ないのがやや難点ではありますが、治安が良好で静かに生活できる環境が整っています。

11位 二子玉川

二子玉川は多摩川のすぐ近くにあり、東急田園都市線と東急大井町線が通る二子玉川駅を中心とする街。
駅周辺には大型商業施設が立ち並び、買い物スポットが豊富で生活面での利便性は非常に高いです。駅から少し離れた瀬田、上野毛の辺りは、坂が多いのがやや難点ではあるものの、古くから高級住宅街として知られています。
高度成長期の頃からある街なのですが、ここ10年ほどのうちに駅周辺の再開発が急ピッチで進められ、大型複合施設の二子玉川ライズをはじめ、様々な魅力的なスポットが作られつつあります。治安も非常に良好で、ファミリー層や高齢者も安心して暮らせる街です。
すぐ近くに多摩川が流れ、美しい河川敷の光景は二子玉川の名物ともなっていますね。

12位 千代田区の番町

千代田区は皇居が中心部に鎮座し、南部は国会議事堂をはじめ、政治、行政関連の施設が集中して立地している地域。
日本の中心部としてのイメージがありますが、実際に住んでいる人口は約6万人。昼間働くために千代田区に来る人は80万人以上と言われ、その昼夜間人口格差の大きさはダントツで日本一となっています。
そんな人口の少ない千代田区で、区内屈指の高級住宅地として知られているのが通称「番町」と呼ばれる1番町~6番町の地域。皇居の西側に位置し、路線で言うと営団半蔵門線の半蔵門駅、営団有楽町線の麹町駅周辺になります。近年タワーマンションが数多く建設され、都内でも指折りの高級住宅地として注目を浴びるようになりました。治安も良好で安心して生活できますが、買い物スポットの少なさが少し残念なところ。

13位 目白

山手線の目白駅を中心とするエリアで、古くから高級住宅街として知られる地域。「目白=高級」というイメージが強く、目白近辺に立地していないマンション・集合住宅でも、「目白」の名前を冠している場合が多いです。駅の東側は学習院大学があり、周辺には学生向けのアパートやマンションがたくさん建てられ、どちらかというと学生街という雰囲気が強め。高級住宅街が形成されているのは駅の西~北西の地域。池袋、新宿という犯罪多発地域に挟まれた場所ながら、目白界隈の治安は非常に良好。犯罪件数も非常に少ないです。



14位 石神井

練馬区の人口は約73万人で、23区内では世田谷区に次いで2番目に人口が多い区。その練馬区内において、治安が良好で且つ高級住宅街として知られているのが石神井です。
町名いうと石神井町、下石神井、上石神井、石神井台、上石神井南町界隈で、西武池袋線の石神井公園駅を中心とする地域。最新の流行を追いかける街という雰囲気には乏しいですが、スーパーをはじめ日用品を一通り変えるお店は駅周辺に揃っています。駅から一歩離れると閑静な住宅街が広がり、落ち着いた環境で子育てをしたいファミリー層に人気の街。駅から歩いて10分ほどのところにある石神井公園は、緑豊かで周辺住民の憩いの場となっています。昼間は高齢者の方が散歩する姿を良くみかけますね。

15位 谷根千(やねせん)

谷根千は文京区、台東区にかけての谷中、根津、千駄木地域を総称した呼び名。路線で言うと、千代田線の根津駅、千駄木駅、日暮里駅周辺です。
江戸時代の頃は武家屋敷が立地し、明治になると文豪、文化人が好んで住んだ場所。特にお寺の多い谷中、千駄木の高台(本郷台)周辺は戸建てが多く、高級住宅地として知られています。高度成長期以降に地方から上京して成功した人というよりは、戦前から居を構え続け、世代をまたいで大きな邸宅を構える人が多く住んでいるようです。
買い物場所としては、谷中にある「谷中銀座商店街」が有名。テレビで紹介されることも多いですね。若者にはちょっと物足りなさを感じるかもしれませんが、年配の方が生活する場、ファミリー層が子育てする場としては定評があります。

治安がいい街に住むなら

全国的に知られた街・駅が多いですが、目黒区青葉台、等々力、本駒込、千代田区の番町、谷根千など、都内在住者にとってもややマニアックな場所がけっこうあります。
もし住み替えや引っ越しを考えるなら、実際に現地に行って街の雰囲気を感じることも大事。一通り街や駅周辺を見て回った上であれば、物件選びもよりスムーズに行くでしょう。

またもし治安がいい街に住むのであれば、物件数が多い「いえらぶ」さんがおすすめです。
公式サイトは下記より

ほしいが見つかる住まい探し「いえらぶ」



【あわせて読みたい】色々な駅の治安住みやすさ情報